ショベルヘッド・パンヘッド 整備・カスタム・車両販売
埼玉県春日部市増富354-1
TEL 048-797-5744
email: oceanbeetle@gmail.com
OPEN: 10:00-19:00
Closed on friday

トップ バイク一覧 ネットショップ

2012年5月30日水曜日

Dave at San Francisco

ROOLER MAGAZINEを見ていたら・・・ 友人のDAVEだ! 彼はこのナックルのほかに、インディアンを持ってる。 デイブの家は、いかにもサンフランシスコの感じの家で、合理的でかっこいい。 2階建てだけど、1階は全部ガレージで2階に平屋に住むように暮らしている。 ガレージの扉は2枚あって、その扉の前にも車が2台おける。 右側のガレージの扉を開けると、30年代のフォードがとまってて、 その横をすり抜けていくと、カベにヴィンテージパーツやポスターが飾ってある。 そして一番奥に広い空間。そこにチョッパーが3台とめてあって、 ビールの入った冷蔵庫と椅子がおいてある。 ガレージはこの奥部分でUの字につながっていて、反対側は生活のためのガレージだ。 洗濯は1階、倉庫として本類やかさばるものは全部1階だから、 2階は生活空間として広々使える。 60坪から100坪くらい必要かな。

2012年5月29日火曜日

ホットバイク 今月号


今月号は映画イージーライダー特集。 個人的には、この映画は大好き。 ずーっとだるい感じのたんたんとしたストーリーで、最後の一瞬に、「えっ!」っていうものがある系の最高の分類の映画だと思う。 最後の一瞬「えっ!」系の映画は、他に、デニーロのONCE UPON A TIME IN AMERICAと、 ヴィンセントギャロのバッファロー66がそんな感じ。 この2作は、ずっと笑わなかった人が、映画の最後の一瞬だけ幸せそうに笑うんだよね。 デニーロはラリって笑うだけなんだけど。 その笑顔で、いままでのことが全部救われる感じ。「あーいい映画だったな。」と思ってしまう。 イージーライダーは、そうではないんだけど、自分的には同じ感じがする。
このポスター 白黒でいいね。
イズミさんが奥さんをうしろに乗せてる写真が最高。 撮影したのは、磯部さん? こういう写真はいいなあ。
池田さんとゴンズさんがオーシャンビートルの車両を乗ってコメントをくれた。 次号もすごい特集があるみたいで、楽しみ。

2012年5月27日日曜日

27日の営業は臨時休業

日曜日の営業は、お台場でイベントのために臨時休業させていてだきます。
お時間のある方は、是非お台場へ遊びに来てください。

Easyriders Swapmeet

2012年5月24日木曜日

Born Free Show (Los Angels)

 
西海岸で最大級のバイクショー。 今年はSHU(Oceanbeetle),TOM(Junk Motor),と自分の3人で行ってきます。

2012年5月17日木曜日

1953年パンショベ、73年ショベル、76年ショベル

エンジンのリビルトが終わったパンショベカスタム。神田はパーツ待ちや外注待ちが苦手で、独特の流れの中で仕事をする。
今回クランクの加工が遅れたが、そのほかの作業を進めてきたので、エンジンが組みあがると、その後は速い。

こっちは上村武のプロジェクトで、ポリッシュしたショベルヘッドモーターが特徴のワンオフカスタム。
オーナーは?まだ決まっていないので、自由につくれる。
浩三はフレームの塗装中。